2016年6月 PITTI&イタリア出張レポート ミラノ編

 

珍しく2日連続の更新となりました。

昨日更新したフィレンツェ編はこちらです。

pitti01

 

今回は、ミラノでの様子を綴りたいと思います。

 

at-stazione

ピッティを終え、列車でミラノに移動しました。

上の写真は、駅の電光掲示板です。
一番右に、2、12、9 … と
数字が並んでいますがこれは
「この列車は〇番ホームから発車します」
という表示です。

 

わたくしどもが乗る列車は
下から二番目のミラノ行き。

 

ところがミラノ行きの分だけ、
何番ホームから出るのか表示がなく…。

 

この時は発車予定時刻の10分前に
なってようやく、表示が出ました。

 

イタリアでは、日本のような
「〇時◎分発××行き列車は〇番ホームから」
といった告知がギリギリまでありません。

 

もちろん、構内アナウンスもありません。
電光掲示板とにらめっこして
待つしかないという。
イタリア流です。

 

5分前になってようやく「9番ホームだ!」

などとわかり、
スーツケースを持った人たちが走って移動する
という光景も珍しくありません。
また、遅延もよくあるお話で…。

 

以前よりは改善されていますが
ローカル線だと今もなお、
ざらに30分遅れ、1時間遅れがあるのだとか。

 

日本とは大きく違いますね。

 

train

こちらは、フレッチャロッサ
(イタリアの高速鉄道)の一等車車内です。

ネットで事前に予約すると
とても安く利用する事が出来ます。
それにしてもこの広々とした車内!

 

ShowroomZILLI

ミラノではZILLI ジリー や、
TecknoMonster テクノモンスター
のショールームへ出かけました。
上の写真はZILLIでの様子。

 

お客様から特別注文を頂いた
クロコダイルのバッグに使う実際の革を、
わたくしどもも自分たちの
目と手で確認しました。

 

いつもながら、
ワニ革とは思えない柔らかさに驚かされます。
仕上りがとても楽しみです!

 

lunch

ZILLI ジリー では毎回、

 

シャツやジーンズ、
ジャケット、ネクタイ、
ブルゾン、レザーグッズ、
セーター、カットソー
などなど、

 

トータルコレクションで発注する為、
一日がかりの大仕事になります。

 

合間には、
ZILLI ジリー が用意してくれたランチを
スタッフたちとテラスで頂きます。

ZILLI-people

向かって右はシモーネさん。
ZILLI ジリー の
「大番頭」
的な存在です。左はアンドレアさん。
お二人とも、長いお付き合いになりました。

(ZILLIについての詳細はこちらの
記事を御覧くださいませ↓

世界の富裕層が一番大切な場面で選ぶ、世界最高峰ブランドZILLIの魅力とは?

場面変わって日曜日。
この日は、サンバビラ広場近辺から
ドゥオモ前の広場にかけて、
大規模なパレードが行われていました。

milano3

「カラビニエリ」と呼ばれる機関の、
周年記念行事のようです。
(カラビニエリは、ざっくり言いますと
警察の機能も備えた軍といったところでしょうか)

milano2

仮装している方達や、楽団なども通って行きました。

 

 

ミラノでの最後のお仕事は、
TecknoMonster  テクノモンスターのショールーム
そして工場見学です。

Tecknomonster08

今回は、工場見学がメインでした。
TecknoMonster テクノモンスター の工場は
ミラノ近郊の街バレーゼにあります。

 

tecknomonster01

今年1月にも訪問しましたが、
その時はちょうどお昼休みで
職人さん達が誰もいませんでした。
今回はランチタイムが
終わったところにお邪魔しました。

TecknoMonster06

TecknoMonster テクノモンスター といえば
なんといっても

 

「カーボンファイバー(炭素繊維)」

 

が特徴です。

 

この大きな装置は
オートクレーブと呼ばれる
カーボンファイバーを加熱
硬化させるためのものです。
(スーパーカーのボディなども、このような装置を使って
カーボンファイバーのパーツを作り上げています。)

 

Tecknomonster07

(上記2枚の写真は1月に撮影したものです)

緑色のチューブは、
真空パック(黄色いビニール)の
中の空気を吸い出すためのものです。

 

空気を抜いて加圧することで
カーボンファイバーを型に密着させ、
オートクレーブで加熱し硬化させる
という流れです。

 

こうした大変な工程を経て作られる
カーボンファイバーは

 

「ドライカーボン」
そうでないものは

 

「ウェットカーボン」
と分類されています。

 

当然、ドライカーボンの方が高価です。

Tecknomonster09

ちなみに、こちら ↑ のバッグの…

 

Tecknomonster10

この部分。
この小さなパーツもカーボンファイバー製ですが
たったこれだけのパーツ一つを作るのにも

 

8時間くらいかかるのだとか。

 

tecknomonster04

オートクレーブの計器です。
熟練した専任の担当者が
手作業で調整を加えながら加工するのだそうです。

 

こちらはハンドルを手作業で仕上げる様子です。
長い針を使って、
一刺し一刺し丁寧に縫い上げていきます。
このステッチはイタリアの伝統的な技法の
一つなのだそうです。

 

blog17

美しい仕上りです。

以前ブログでも綴りましたが、
大量生産の波に押され、
今はこうした手縫いの技術を持つ職人たちが
働く場所を失い、
その技術を継承する機会も失われているのだそうです。

 

それはすなわち「文化」の消失を意味します。
それを危惧したオロビアンコ社長の
ジャコモ ヴァレンティーニ 氏が

 

「このままではいけない」

 

と立ち上がって出来上がったブランド。

それが

 

TecknoMonster テクノモンスターなのです。

 

カーボンファイバーという、
宇宙工学にも使われる
ハイテク素材と
イタリアの伝統的な手仕事を
組み合せたユニークなアイテム作り。

 

物作りの現場に足を運び、その工程が本当に
緻密で繊細な人の目、人の手による作業を
経ているのを目の当たりにすることで
また深く、仕入れた商品たちへの

 

愛情が増しました。

 

milano

駆け足でお送りいたしましたが、
今回の旅のレポートは以上です。

 

お楽しみ頂けましたでしょうか?

 

わたくしども日子は
これからもヨーロッパの逸品と
皆様の出会いを結ぶ懸け橋となれるよう
頑張ってまいります。

 

実店舗 案内

HIKO 銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

保存

保存

保存

保存

2016年6月 PITTI & イタリア出張 レポート フィレンツェ編

 

こんにちは!
店長の中村でございます。

 

今年も半年が過ぎ、
いよいよ2016年も後半に入りました。

 

熊本は大雨の峠も過ぎ、
ようやく青空がのぞくお天気に
なっています。

 

お住まいの地域はいかがでしょうか?

 

さて本日は、
先月行ってまいりました
定例のヨーロッパ出張について
レポートいたします。

 

sky

今回の旅も、
フィレンツェで年に二回(1月と6月)開催される
紳士服見本市

 

「PITTI IMMAGINE UOMO」

 

(通称ピッティ)から始まりました。

今回で90回目を迎えるピッティ
公式発表では、世界中から

 

20500人ものバイヤーと

 

1200社を超す出展ブランド

 

が集まったのだとか。
4日間の期間中、会場を訪れた人たちの数は

 

30000人以上!!!!

 

とのことで、まさに世界最大規模の見本市です。

 

今回も、伊達男たちが会場内を埋め尽くしていました。

 

pitti people

pitti-people2

pitti-people3

 

会場内では、様々なブランドが
モデルたちを使ってパフォーマンスをしていたり。

pitti-people4

 

 

そんな中、

 

私達の見覚えのあるチタンの

 

キャリーバッグが…!!

pitti-people5

pitti-people6

世界的に注目を集めている、
ベルギーのファッショニスタ
Defustel 氏 でした!

 

彼は、わたくしどもが取り扱っている
TecknoMonster のバッグや
Desertica チタンキャリーケース(上記写真の品)を愛用しています。

tec00031_2-2

ちなみにこちらが
わたくしどもの取り扱っているお品です。

 

そして、そのTecknoMonster、Desertica といえばこの方。

Mr.Giacomo-Valentini

オロビアンコ社長
ジャコモ ヴァレンティーニ氏です。

 

今年3月に熊本を訪れたばかりだったジャコモさん。
その翌月に起きた地震について、
とても心を痛めていました。

 

毎日、
「元気?」
「大丈夫?」
「必要な物はある?」
とメールや電話をくれました。

今回のピッティでも、
もちろんお会いしてきました。

 

その折、これまで温かい心遣いと励ましを送って
くれたジャコモさんにお礼を言ったのですが、

 

「是非熊本の皆様にもメッセージを」

 

と仰って頂き、動画を撮影してまいりました。

 

この動画の時だけでなく、
他のブランドの人も交え雑談をしていた時も
ジャコモさんは自分が滞在した
熊本がどれだけ素晴らしかったか、
熊本で出会った人達がどれだけ
魅力的だったかを大きなアクションを
交えつつ熱く語ってくれました。

with-G

そしてわたしども親子を指して、

 

「これだけ大変な事が起きても
決してくじけない彼らを見てほしい。
優しく、忍耐強い彼らから
学ぶべきことが、我々イタリア人には
たくさんあるんだ」、と。

 

ジャコモさんはその場で
自分がつけていたネクタイを外し、

 

「良かったらもらってほしい」

 

と父に手渡ししました。

 

上の写真の
ノーネクタイのジャコモさん、タイドアップの
父という組合せの舞台裏です。

 

熊本、そしてわたくしどもについて
懸命に他の人達に伝えようとする
ジャコモさんのその姿、その心、その言葉に、
わたくしどもも胸が熱くなりました。

 

pitti02

熊本からイタリアへの旅は、
決して楽なものではありません。
しかし、ジャコモさんのような方達に
直接会えて、ハグをして、
言葉を交わすことができる、
そして想いを伝えあうことが
できる時間はかけがえのないものです。

 

今回もそれを実感する事ができました。

 

ミラノ編に続きます。↓

duomo

 

実店舗 案内

HIKO 銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

保存

保存